うつ病のセルフチェックを行ない早めに専門機関を受診

うつ病のタイプ

ドクター

現在、うつ病は日本人の3人に1人が発病しているかも知れないと言われています。これだけ多くの人が悩みを抱えているということですが、他の病気に比べて見た目でのチェックが難しいので、気になる場合は専門医に相談しましょう。

View Detail

自分のペースを取り戻す

メンズ

うつ病の原因は様々です。体質や環境の変化などがきっかけに発症することもあります。自分のペースで適切な治療を行なうことで効果的に回復を図れるでしょう。またセルフチェックを行なうことで、自分の症状や原因について知ることができます。

View Detail

自分で調べてみるうつ病

女性

日本は海外に比べうつ病が多いと言われています。静けさといった趣や見えないものを大事にする文化があるので、あまり自分の考えや思いをダイレクトに表現することがないからかも知れません。以前だとうつ病は心の病というイメージが強かったかと思いますが、自覚症状があることが最近は多くの人に知られています。こうした変化に気が付かないでそのままの状態を維持しようとすると、うつ病は更に深刻になっていきます。自分で簡単に行なえるセルフチェックでは、いくつかの項目が自分に当てはまるかを見ていきます。これは簡易抑うつ症状尺度というものを元に、自己基準の評価尺度で重症度を診ていくものです。この簡易抑うつ症状尺度は世界的に知られた精神科医によって開発され、世界10カ国以上で用いられています。アメリカ精神医学会の診断基準に対応しているので、自分のうつ症状のチェックの他にうつ病が疑われる周りの人に対しても簡単に行なうことができます。まずきちんと眠れているかという点を見ます。寝付くのに30分~1時間以上掛かった日が1週間の半分以上あるかなどです。また夜間に目が覚めたことはないか、それは落ち着かないなどの不安が原因になっていないかなども見ます。逆に眠りすぎるという症状もあるのでこういった項目を1つ1つチェックしていきます。睡眠以外に見る項目は普段抱く気持ちとして悲しみが多くないかということや、食欲について、体重の増減についてなどです。エネルギーレベルという項目もあり、疲れやすさや気力が続かないといった症状を見ます。簡易抑うつ症状尺度によるセルフチェックでうつ病が疑われる場合は、専門の医療機関に早めに相談することが必要です。うつ病の自覚症状はあるけれど、気持ちが落ち込んでいて医療機関での治療に消極的になっている場合もあります。症状が知らず知らずの内に進行して行くものなので、そのまま放置しておくと治療は困難になっていきます。自分で受診したり周りが受診を促したりして、治療に踏み出せるときに確実に専門医などに相談してカウンセリングなどを受けることが大事です。うつ病になっていることに気が付かず、自分を責めて無理をしている人は少なくありません。物事に対して自分で問題解決を行なおうとする人がなりやすい病でもあるため、一人だけで悩みや苦しみを抱えずに相談していくことが必要です。うつ病の治療を行なっている専門の医療機関では、抵抗なく受診してもらうための工夫や取り組みを実施しています。ホームページなどにうつ病に関する情報も分かりやすく載せているので、気になる場合は積極的に調べて受診するようにしましょう。

心の痛みを治癒

カウンセリング

うつ病は現在日本人の3人の1人が発症しているかもしれないと言われている病です。原因が様々な分その発症リスクも高い病となっています。セルフチェックを行なうこともできるので、早めに発見して治療を行ないましょう。

View Detail

セラビーも効果的

女の人

うつ病は特別な病ではなく誰でも発症する恐れのあるものです。そのため日頃何か気になる点があれば、対策を取ったりセルフチェックを行なったりした方が回復のために良いでしょう。

View Detail